Main

                                                       琴仙姫           

 

                                                                                                                                                금선희

 

 

 

Asatsuyu_BUoy_Still001

Morning Dew – The stigma of being “brainwashed” (2020)

 

Cast:  Hikari Waza, Manabu Ishikawa, Harunori Kojima
Director of Photography:  Yukiko Iioka
Music:  Stace Constantinou, Anastasia Vronski
Technical cooperation:  RAM Association (Graduate School of Film and New Media, Tokyo University of the Arts)
Support:  Kawamura Arts and Cultural Foundation, Socially Engaged Art Support Grant (SEA)

Archive image contribution:
Jane Jin Kaisen
神戸映画資料館
康浩郎
一般財団法人 宮本記念財団
Ngā Taonga Sound & Vision
NPO法人映画保存協会
International Committee of the Red Cross (ICRC)

Special thanks to:
北朝鮮難民救援基金 (Life Funds for North Korean Refugees)
北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会

 

Recent event

 

 

Image, Stories, and Silences of “Ex-Returnees” Who Defected from North Korea to Japan: Artist Talk with Soni Kum

                                        Cornell University, East Asia ProgramScreenshot 2021-03-06 at 20.19.02

 

 

 

Friday, April 2, 2021 at 10:00am to 11:30am (NY, EST)

https://events.cornell.edu/event/image_stories_and_silences_of_north_korean_returnees_in_japan

Kum will discuss her installation work, Morning Dew-The Stigma of Being “Brainwashed” exhibited in Tokyo in November, 2020. It is based on interviews conducted with North Korean ex-“returnees”  now living in Tokyo. Most are  zainichi Koreans (“ethnic Koreans resident in Japan”) or their children, who from 1959 to 1984 moved to North Korean as part of the Repatriation Program. They thought  the DPRK was ‘a paradise on earth,’ only to experience the severe living conditions of North Korea’s recovery from the Korean War.  They are compelled to hide the fact that they left, or fled from, North Korea, or experience discrimination and other troubling consequences. Facing these fears of her interviewees, Kum’s work weaves together archival images, text, and silences to artistically evoke their hidden stories.

Discussants include Brett de Bary, Professor Emerita, Cornell, and Rebecca Jennison, Art Critic, Kyoto, Japan.

This event is co-sponsored by the Central New York Humanities Corridor from an award by the Andrew W. Mellon Foundation.
This event is also co-sponsored by the Migrations initiative and the Reppy Institute for Peace and Conflict Studies (PACS).

 

Vimeo documentation 

https://vimeo.com/535958420

 

The Cornell Chronicle published an article about an upcoming talk

Artist Soni Kum to share stories of North Korean defectors
By Megan DeMint | March 24, 2021

https://news.cornell.edu/stories/2021/03/artist-soni-kum-share-stories-north-korean-defectors

 

 

 

Recent exhibition

 

朝露 日本に住む脱北した元「帰国者」とアーティストとの共同プロジェクト

Morning Dew
A joint project between the artist and ex-“returnees” who defected from North Korea to Japan

朝露_チラシ_re_fix_広報用-01

 

『朝露』はアーティストの琴仙姫を中心に2019年に始まったプロジェクトです。今回、琴がコラボレーションしたいアーティストに声をかけ、意見交換しながらそれぞれが自分なりの方法で日本に住む脱北した元「帰国者」の方やその子孫の方々とコンタクトを始めました。他者の経験を聞き、その背景について知ることを通じて作品を制作し、展示とシンポジウムを行います。

◆展覧会 exhibition
2020.11.5(木)〜10(火)11時〜20時(11/5のみ16時open)
北千住BUoY(東京都足立区千住仲町49-11) http://buoy.or.jp/
入場料:500円
展示作家:琴仙姫、竹川宣彰、山本浩貴+高川和也
Artists : Soni Kum, Nobuaki Takekawa, Hiroki Yamamoto + Kazuya Takagawa

※ 週末の作家在廊予定:
2020.11.7(土)15時〜17時
2020.11.8(日)13時〜16時

※ 琴仙姫の映像作品(60分)は毎時0分に始まります。

 

◆オンラインシンポジウム online symposium
2020.11.5(木)19時〜21時  オンライン配信のみ・参加無料、要予約
登壇者:琴仙姫、高川和也、高嶺格、竹川宣彰、毛利嘉孝、山本浩貴、李静和
Speakers: Soni Kum, Kazuya Takagawa, Tadasu Takamine, Nobuaki Takekawa, Yoshitaka Mouri, Hiroki Yamamoto, Chonghwa Lee

配信会場:theca(コ本や honkbooks)
https://honkbooks.com
協力:RAM Association(東京藝術大学大学院映像研究科)

 

主催:朝露プロジェクト
助成:川村文化芸術振興財団 ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成 (Socially Engaged Art Support Grant project supported by Kawamura Arts and Cultural Foundation)
http://www.kacf.jp

 

◆プロジェクト『朝露』とは
『朝露』は、日本に住む脱北した元「帰国者」とアーティストとの共同プロジェクトである。現在日本には約200人あまりの北朝鮮からの脱北した元「帰国者」が住んでいる。日本に住む脱北者の多くは1960年代後半から70年後半にかけて行われた「帰国事業」により北朝鮮に移住していった在日朝鮮人たち、或いはその子孫たちである。彼らは当時「地上の楽園」として報道された幻想を信じ移住して行った。殆どは現在の韓国出身の在日朝鮮人たちであった。見ず知らずの土地に移住した「帰国者」たちはその後、朝鮮戦争復興の貧窮真っ直中にある北朝鮮で過酷な生活を余儀なくされることになった。日本に住む元「帰国者」は、脱北したという事実を隠す必要に迫られている。隠さないと日々の生活に困難を経験するためだ。
このような状況下で、実際に日本で暮らす脱北した元「帰国者」の人々に、それぞれのアーティストが会いに行く。話を聞いたりする経験をとおして作家達自身がインスピレーションを培いながら、作品制作と展示に繋げていく。個人的な出会いを通して作り出されたそれぞれの作家の作品を、展示とシンポジウムの形で発表し、ディスカッションの輪を広げていく。
プロジェクトのタイトルである「朝露」は、韓国の80 年代の学生運動で歌われた歌であり、暗い夜を過ごした後、純粋で美しいものに再生していく様子を象徴している。

■展示作家略歴

◆琴 仙姫(クム ソニ/ Soni Kum)
アーティスト、映像作家。東京生まれ。2005年カリフォルニア芸術大学 (Cal Arts) 映像科修士課程修了。2011年東京芸術大学先端芸術表現領域美術博士課程修了。2011年より2015年まで韓国の延世大学などで非常勤講師として働きながら、ソウル文化財団からの支援を受け脱北者たちとのアートプロジェクトを推進。2016年からはポーラ美術振興財団在外研修員としてロンドンにてLive Art Development Agencyのリサーチ・アーティストとして研修。NY apexart (2012), ロンドン Pump House Gallery(2012)、韓国 釜山ビエンナーレ(2014)、ベルリン MEINBLAU project space(2017)などで展示。www.sonikum.com

◆竹川宣彰(タケカワ ノブアキ/ Nobuaki Takekawa)

1977年東京都生まれ。平面、立体、インスタレーションなど多岐に渡る表現方法で、独自のセンスとユーモアに富んだ作品を制作。国内外で数多くの展覧会に参加しながら、デモなどの路上の活動にも加わり、社会・歴史と個人の関係を常に問い直している。近年参加した展覧会は「理由なき反抗 」ワタリウム美術館(2018)、ウラジオストクビエンナーレ(2017)、シンガポールビエンナーレ(2016)、あいちトリエンナーレ(2016)など。
http://takekawanobuaki.com

◆山本浩貴+高川和也

山本浩貴(ヤマモト ヒロキ/ Hiroki Yamamoto)

1986年千葉県生まれ。2010年一橋大学社会学部卒業。2018年ロンドン芸術大学博士課程修了(PhD)。2013年から2018年までロンドン芸術大学TrAIN研究センターに博士研究員として在籍。韓国・光州のアジア・カルチャー・センター(ACC)でのリサーチ・フェローを経て、2019年まで香港理工大学デザイン学部ポストドクトラル・フェロー。現在、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科助教。

高川和也(タカガワ カズヤ/Kazuya Takagawa)
1986年熊本県生まれ。2012年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。 近年は、精神病理学や心理学の方法論を参照した映像やドローイング、文章等の作品を制作。主な展覧会に「ソーシャリー・エンゲイジド・アート展:社会を動かすアートの新潮流」(3331 Arts Chiyoda、2017)、「大京都」(京都:Re-Search、2017)、「ASK THE SELF」(Tokyo wonder site 本郷、2016)、「screen」(HIGURE17-15cas、2014) など。

◆主催:朝露プロジェクト
◆助成:川村文化芸術振興財団 ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成
◆プロジェクトコーディネーター:岡田有美子
◆アシスタントコーディネーター:樋熊冬野、宮川緑
◆協力:東京藝術大学大学院映像研究科、RAM Association
◆お問い合わせ:朝露プロジェクトmail  asatsuyuproject@gmail.com

BUoY  http://buoy.or.jp/
〒120-0036
東京都足立区千住仲町49-11(墨堤通り側入り口)
東京メトロ千代田線・日比谷線、JR常磐線/東武スカイツリーライン
「北千住」駅出口1より徒歩6分、西口より徒歩8分

Exhibition Photo Report by ART iT
https://www.art-it.asia/en/top_e/admin_expht_e/212255

 

 

 

 

 

 

Screen Shot 2017-06-30 at 4.16.53 AM
Screen Shot 2017-08-02 at 2.14.01 AM
Screen Shot 2017-08-02 at 2.21.59 AM
Screen Shot 2017-08-02 at 2.23.43 AM
Screen Shot 2017-08-02 at 2.27.02 AM
Screen Shot 2017-06-30 at 4.16.31 AM
_143FemaleKorea_SoniKum_colorcorrectionNEW

still images from Offering, seven boats,  Installation and performance Ghost/ Resurrection/ Emergence, 2017, Der Mainbleu, Berlin, Germany

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Screen Shot 2017-09-30 at 1.21.20 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.30.05 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.21.50 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.29.45 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.22.25 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.22.57 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.23.22 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.25.09 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.20.26 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.25.36 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.27.37 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.26.10 AM
Screen Shot 2017-09-30 at 1.27.12 AM

Study of Korean War Film, 1:00:42 sec, Colour, Sound, 2017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Body Temple 00030 001415;25
Body Temple 00030 001424;15
Body Temple 00030 001427;20
Body Temple 00030 001428;16
Body Temple 00030 001440;00
Body Temple 00030 001446;12
Body Temple 00030 001505;17
Body Temple 00030 001513;20
Body Temple 00030 001647;07
Body Temple 00030 001648;06
Body Temple 00030 001650;13
Body Temple 00030 001651;08

still images from Body Temple, performance, 2017, Gloustershire, UK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Screen Shot 2015-07-03 at 2.56.51 AM
Screen Shot 2015-07-03 at 2.57.55 AM
Screen Shot 2015-07-03 at 3.03.58 AM
Screen Shot 2015-07-03 at 3.05.10 AM
Screen Shot 2015-07-03 at 3.10.56 AM
Screen Shot 2015-07-03 at 3.19.23 AM

still images from Offering, seven boats, performance, 2015, South Korea

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

energy drawing series2
birthvision
energy drawing series1
energy drawing series3
energydrawing_prayer1
energydrawing_unicorn1
P1030485
P1030491

Energy Drawing Series

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4763
IMG_4766
IMG_4769
Screen Shot 2015-03-12 at 10.39.50 PM
IMG_5402
Screen Shot 2014-10-23 at 2.50.03 AM
Screen Shot 2014-10-23 at 2.51.16 AM
Kyungmanssi_pusan3 00024505
Kyungmanssi_pusan3 00033205
Kyungmanssi_pusan3 00032612
Kyungmanssi_pusan3 00080119
Kyungmanssi_pusan3 00085000
Kyungmanssi_pusan3 00092513
Kyungmanssi_pusan3 00135607

still images from Heaven’s Gate, reconciliation, performance/ Installation, 2014, Busan Biennale, South Korea

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HeavensGate_Tokyo_web1
HeavensGate_saraswati_OceanEnglish1
HeavensGate_saraswati_OceanEnglish2
HeavensGate_Tokyo_web2
P1000031

still images from Heaven’s Gate, reconciliation, performance, 2014, Tokyo, Japan